ドイツ時計「ユンハンス」 ユーロパッションが代理店業務スタート

印刷
ミニマムで洗練されたデザイン
ミニマムで洗練されたデザイン

   インポートウオッチを扱うユーロパッションは、ドイツ時計ブランド「ユンハンス」の日本での代理店業務を2009年10月からスタートさせた。

   ユンハンスは、1861年にドイツ・シュランベルクで創業。世界初の電波時計の開発(1985年)や公式タイムキーパーを務めたミュンヘン・オリンピックでのカラー写真判定による1/100秒計測の実現(1972年)など、革新的な開発を試みてきた時計ブランドだ。

   また、無駄な装飾を一切省いたデザインは、シンプルな中に洗練された造形美を感じさせる。特に、ドイツの美術・建築学校「バウハウス」の「最後の巨匠」といわれるマックス・ビルがデザインしたコレクションは、素材と形状、色彩バランスが絶妙で、見れば見るほど引きつけられる。

   ユーロパッションでは、マックス・ビル バイ ユンハンスコレクション(8万4000円~)をメインに、電波腕時計のMEGA1000コレクション(4万8300円~)、機械式時計製作の伝統を感じるマイスターコレクション(13万6500円~)の3コレクションを中心に展開中だ。

   問い合わせはユーロパッション

   東京:03-5295-0411 大阪:06-6268-5154

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中