2018年 7月 16日 (月)

ビールタンク1本分 100万円の福袋で登場

印刷
岩本伸久社長(写真)が完全オーダーメイドで醸造する
岩本伸久社長(写真)が完全オーダーメイドで醸造する

   サンクトガーレンは、ビールタンク1本分のオリジナルビール醸造サービスを2010年の「福袋」として100万円で売り出す。申し込みは10年1月1日から10年1月5日まで同社サイトで受け付け、応募者が複数の場合は抽選で1人に限定販売する。

   容量約1000リットル(小瓶換算3000本)のタンクで購入者の好みに合わせたオリジナルビールを醸造、樽かオリジナルラベルを貼った瓶に入れて届ける。購入者が仕込みに参加したり、醸造風景を見学したりすることもできる。通常価格は170万円。

 
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中