「せっかち」というより「効率的」  USJに根づいた「大阪文化」

印刷

   大阪の観光名所として定着してきたUSJ。アメリカ発のテーマパークなので、さすがの大阪文化も入り込めない・・・と思いきや、そこはどっこい。「せっかち」で、「粉モノ好き」の文化はしっかり根づいていたのだ。

   アミューズメントパークで1番もったいないのは待ち時間。乗りたい、食べたいものはたくさんあるのに、人気のアトラクションだと数時間待たされることもしばしば。

食事しながら待つ「食べ乗り特典」

パーク内3か所に設置されている「インフォメーションボード」
パーク内3か所に設置されている「インフォメーションボード」

   そんな時に便利なのが、すべてのアトラクションの待ち時間とショーの開演時刻を知らせてくれる「インフォメーションボード」。この種のボード、東京ディズニーランドには1か所しかないのだがUSJには3か所もある。また、携帯ウェブサイトでも公開されていて、どのエリアにいてもパーク内の込み具合が一目瞭然(りょうぜん)だ。

   これだけじゃ物足りないという人には、「ユニバーサル・エクスプレス・パス」の特典がつく「たべ乗り」がお勧めだろう。パーク内の「ディスカバリー・レストラン」「彩道」で対象メニューを注文すると、待ち時間を消化したいアトラクションを1つ選べ、注文した時刻プラス待ち時間で算出した時刻以降ならいつでもそのアトラクションに入場できる。

   また、夜の見どころ「マジカル・スターライトパレード」では、ショー開演のギリギリまでパーク内で遊んでいても優先入場できる有料観覧エリアを設けるなど、「タダでは待てへん」という声が聞こえてきそうな、大阪らしい時間術がいっぱいだ。

焼きそばカルツォーネとフライドたこ焼き
焼きそばカルツォーネとフライドたこ焼き

   一方で、オリジナルフードにも大阪ならではの文化が潜んでいる。例えば、名物のたこ焼きをカラッと揚げた「フライドたこ焼き」(400円)や、大阪では定番の焼きそばとご飯をミックスした「そば飯BOX」(500円)はパーク内で食べられ、人気を集めている。

   また、お土産にはナルトがスパイダーマンやスヌーピーになったカップ型ラーメン「すぱいだぁ麺」(3個入り1000円)「スヌードル」(4個入り900円)をはじめ、「ユニーバーサル・スタジオ・ジャ・『パン』」(食パン)など、いかにも大阪らしいネーミングの粉モノ商品を揃えている。

   「せっかち」で「粉モノ好き」な大阪文化を味わいながらUSJをたんのうしてみるのもいい。

メンドーサ石井

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中