2018年 7月 18日 (水)

「しみ」の改善薬に2か月分パッケージ

印刷
しみになやむ女性に
しみになやむ女性に

   第一三共ヘルスケアは2009年12月1日、女性の顔面に生じるしみの一種「肝斑(かんぱん)」の改善薬「トランシーノ」に2か月分の大容量パッケージを発売した。

   これまでは容量1か月分で販売していたが、臨床試験によれば、肝斑の改善率は服用期間が1か月の場合36.4%に留まる一方、2か月の継続服用で77.6%に高まることから、新たに2か月分の新包装で売り出す。希望小売価格は8800円。

   「肝斑」はほほの骨に沿って左右対称に生じるしみの一種で、女性ホルモンの関与が疑われている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中