2018年 7月 16日 (月)

最高出力65psの小柄なコンセプトカー

印刷
小柄なボディ
小柄なボディ

   フォルクスワーゲンは、2009年12月13日まで開かれている「ロサンゼルスオートショー」に、コンセプトカー「Up!Lite」を出品している。

   2.44Lの燃料で100km走行する4シーターハイブリッド車で、駆動系はターボディーゼルエンジンと電気モーター、デュアルクラッチトランスミッションの7速DSGという組み合わせ。エンジンは最高出力38kW(51ps)の0.8L2気筒、電気モーターと組み合わせたシステム全体の最高出力は48kW(65ps)とかわいい数値だが、最高速度は160km/h、0~100km/h加速を12.5秒でこなすなど実用性は十分だ。

   全長×全高×全幅が3.84×1.40×1.60(単位はm)と小柄な体躯の同車はドアミラーの替わりにサイドカメラを設置したり、アルミニウムと炭素繊維を素材とする18インチホイールを備えていたりと先進的な技術を多数搭載している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中