全世界で最高の売り上げ! 「コールオブデューティ モダン・ウォーフェア2」ついに日本発売

印刷
PS3版「コールオブデューティ モダン・ウォーフェア2」
PS3版「コールオブデューティ モダン・ウォーフェア2」

   スクウェア・エニックスは2009年12月10日、北米やヨーロッパなどで話題になっているゲームソフト「CALL OF DUTY:MODERN WARFARE 2(コールオブデューティ モダン・ウォーフェア2)」(以下:CoDMW2)のプレイステーション3版とXbox360版を日本で発売した。

   CoDMW2は前作が「最もプレイされたオンラインゲーム」としてギネスに認定され、1400万本を売り上げた、主人公の視点でゲームを進めるFPS(ファーストパーソンシューティング)ゲーム。プレイヤーは世界の崩壊を企てる「脅威」に対し、特殊部隊「タスクフォース141」の新人隊員として立ち向かう。

   1人で壮大なストーリーに挑む「キャンペーンモード」から、世界中のプレイヤーとオンラインで楽しむ前作で大きな話題を呼んだ「マルチプレイヤーモード」、2人でミッションに挑む「スペシャルオプス」まで、3つのゲームモードがプレイヤーを飽きさせない。

   Infinity Wardが開発した同ゲームは、北米などで09年11月10日深夜(現地時間)からアクティビジョンが発売を始めたが、5日間で全世界総売り上げが約5億5000万ドルとなり、あらゆるエンタメ業界の「5日間売り上げ」記録を塗り替えている。日本でも同様のフィーバーとなるか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中