思わず聴き惚れるその歌声 今年の締めくくりはアダムで!

印刷

   9月からインフルエンザに振り回された数か月間でした。

   まずは季節性、例年ならば10月初めに始まる小児科のフル・クリニック(予防接種)が既に開始されている。あわてて娘の予約をいれたが、直前に予約確認の電話をすると「ワクチン入荷が遅れている。生ワクチンのフル・ミストしかない」。

   次は新型。予定より入荷が大幅におくれ、始まったのが10月半ば。しかも一部の医院のみ。そのうち保健所が子供向けに集団予防接種をはじめてくれたのだが、第1回接種時に朝いちでならんだ友人は3~4時間待ち。それをきいて家から30分ほどのところにある第2回接種会場で終了間際にいったわが家も1時間待ち。無料でも長時間行列はきつい。妊婦の私も産婦人科医は頼りにならず、保健所主催の妊婦向け無料接種の御世話になった。最近娘は保健所の2回目接種を予約できた。やっと小児科にもワクチンがはいってきて、子供の親への接種もはじめたのだが、日本行きを控えたわが家、夫にもうたせるか?

マイケル・ジャクソン・ウィークで注目集める

デビュー前にローリング・ストーン誌の表紙を飾る(写真手前)
デビュー前にローリング・ストーン誌の表紙を飾る(写真手前)

   インフルエンザに踊らされている間に12月になり、あわてて来年の手帳を買いに、本屋にいったらカウンターにイギリスの歌姫、スーザン・ボイルのCDが飾ってある。「そういえばアダム・ランバートもメジャーデビューと新聞にあったな」とアダムファンの友人にメールをすると「スーザン・ボイルとアンドレア・ボッチェリについて3位よ!」と返事がきた。

   人気オーディション番組、" target="_blank">アメリカン・アイドル(以下、アメアイ)のシーズン8にて一躍脚光を浴びたアダム・ランバート。幼い頃から舞台などで脇役として活動してきたが、アメアイに出るまでは全くの無名だった。アイドルっぽくない雰囲気が逆に受け、そしてマイケル・ジャクソン・ウィークで披露したパフォーマンスでより一層、注目を浴びるように。

   アメアイ出場時に、昔のボーイフレンドとのキスの写真がネットに流出するなど、デビュー前から実力以外のところで話題を提供し続けている彼だが、確かに歌唱力はあるし、その音域の広さも素晴らしく、また見ていると惹きつけられずにはいられない独特の魅力がある。

   残念ながらアメアイで優勝できなかったのは、やはりいまだ保守色の強い地域が多い、ここアメリカならではの結果だったと見られている。アダムの熱烈ファンである友人は、アメアイ決勝直後はアダムが優勝できなくて、嘆いていたけれど、今はもう「それでよかった」と言う。「アメアイのルールに従ったデビューをせずにすむから」と。

ゲイ宣言、ステージ上で男の子とキスも

アダムデザイン。1週間限定販売で800個完売
アダムデザイン。1週間限定販売で800個完売

   判官びいきではないが、優勝できなくても、注目を浴びるのはよくある話。案の定、その後も彼はメディアを騒がし続けていて、例えば、デビュー前にローリング・ストーン誌の表紙を飾るということをやってのけた。前述の友人、雑誌発売日に書店にいったら売り切れ。何軒かまわってやっと手に入れたのだが、「1人1冊限定」というところもあったとか。

   デビュー前から自分はゲイだと宣言したのは彼が初めて。爪を黒のマニキュアで塗ったり、男がするから「ガイライナー」という、いわゆるアイライナーをいれたり……。そのために醸し出される中性的な雰囲気がファンにはたまらないらしい。新作ジャケットも怪しげな感じ。

   カラーコンタクトをいれているように見える目も、ファンに言わせれば「カラーコンタクトではなく、照明や回りの景色で色が変わる、へーゼルという目の色」。

   最近出場した音楽番組でも、ステージ上でキーボードの男の子とキスをするなどのパフォーマンスを披露、そのため、クレームが殺到し、またその後に出場予定だった番組出場をキャンセルされてしまい、またそれがメディアに取り上げられているし……すでにセレブリティ街道まっしぐら?

   何かとお騒がせな彼ですが、思わず聞き惚れてしまう、その歌声。一度聴いてみる価値はありです。

野村香奈

【プロフィル】
野村 香奈(のむら かな)
1970年鹿児島生まれ。上智大学卒業。「AERA」「週刊朝日」で主にエンターテインメントの編集を担当した後、2000年8月に結婚により渡米。ロサンゼルスの日系無料情報誌でライターも経験。趣味はドライブ、おいしいものを食べること、情報収集、そして、MLB(メジャーリーグ)観戦。LA TimesとPeopleを愛読。現在、ロサンゼルス近郊のニューポートビーチ市(Newport Beach)在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中