ワールドカップ公式ボールはスイートスポット「75%」拡大

印刷
W杯開催までが待ち遠しい
W杯開催までが待ち遠しい

   アディダスは、南アフリカ共和国で開催される2010FIFAワールドカップに使用する公式試合球「JABULANI(ジャブラニ)」を2009年12月5日に発売した。

   パネル同士を熱接合するサーマルボンディング技術を採用し、わずか8枚(2種類)の立体パネルを組み合わせることで、限りなく真球に近いボールを実現。これによりスイートスポットが2006年ドイツ大会の試合球に比べて約75パーセント拡大、キック精度が大幅に向上した。

   ネーミングされた「ジャブラニ」とは、南アフリカ共和国の公用語のひとつであるズールー語で「祝杯」を意味する言葉。アフリカ大陸で初の開催となるワールドカップを、全世界の人々が祝福する気持ちが込められている。

   価格は1万7010円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中