2018年 7月 19日 (木)

共用のハイブリッド車付き分譲マンション

印刷
住民の共用車としてハイブリッドカーを1台配置する
住民の共用車としてハイブリッドカーを1台配置する

   東急不動産はこのほど、全戸加入型のカーシェアリングを導入した分譲マンション「ブランズ武蔵小杉」(川崎市)を発売した。引渡しは2010年3月を見込んでいる。

   マツダレンタカーやパーク24などと提携し、ハイブリッド車を1台配置する。居住者はパソコンや携帯電話で利用を予約した上でICカードを使って車を借り受ける。これまでも同社を含む数社が共同で施工した大規模物件でのカーシェアリング導入例はあるが、単独物件での採用は初めて。

   地上5階建てで、総戸数は34戸。価格は4490万円~5850万円(占有面積57.28平方メートル~95.45平方メートル)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中