2018年 6月 22日 (金)

ドリンクがもらえるウェブゲーム 「gabgabの木」でXマスキャンペーン

印刷
「gabgabの木」ホームページ
「gabgabの木」ホームページ

   mixi(ミクシィ)アプリやアメーバピグなど、さまざまなエンタメ系ウェブサービスが誕生する中、実際にゲーム内で作った「ドリンク」が当たるゲームが人気を呼んでいる。サントリー食品が運営する「gabgab(ガブガブ)の木」がそれだ。

   09年6月にサービスを開始した「gabgabの木」の会員は、すでに8万5000人を突破している。舞台となる仮想空間「ガブ島」で、プレイヤーはサントリーが実際に発売している各種人気ドリンクの「村」に所属し、「ドリンクの実」のなる木を育成。毎日水をやり、草を刈り、肥料を与えることでたくさんの「実」がなり、逆に放置すると元気がなくなってしまう。そんな「育てる楽しさ」を体感できるところが、主に親子のパソコンユーザーに人気なのだ。実際に子どもが「現実の庭の植物を育てることに興味を持ち出した」との声も届いているという。

   「村」や「個人」の収穫量に応じて毎月抽選で、育てた「実」のドリンクが実際にプレゼントされるという特典もある。また、09年12月17日からは、「gabgabの木」マイページのどこかに現れるサンタクロースを見つけたプレイヤーに、もれなく「クリスマスプレゼント」が当たる「クリスマスキャンペーン」も実施中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中