ラーメン通必携! 自分のラーメン評価を書き記すノート

印刷
コンプリートできたら、世界でただ1つのラーメン本が完成!
コンプリートできたら、世界でただ1つのラーメン本が完成!

   講談社は、石神秀幸さんが考案したラーメン専用記録ノート「ラーメン手帳」を2009年12月1日から販売している。

   石神さんはテレビ東京系「TVチャンピオン」ラーメン王選手権で2度の優勝を果たし、今はラーメン評論家から飲食店のプロデュース、コンサルティングまで多岐に渡って活躍しているフードライター。この「ラーメン手帳」は、普段石神氏が取材中に使用しているノートを元にしているという。

   手帳には、麺の「太さ」「硬さ」「縮れ」具合や、スープの濃度や温度、具の種類、お店データなどラーメンをさまざまな角度からチェックできる項目が多数ついていて、食べたラーメンの評価や思い出を詳しく記録できるようになっている。高田馬場の「渡なべ」、吉祥寺の「一二三」、池袋の「梅もと」など石神氏がその味にうなったという関東の名店も46軒紹介されており、この本を携えてラーメン店を渡り歩くのも楽しい。今後、ラーメン通必携のアイテムになりそうだ。

   価格は800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中