「水晶球」に浮かぶ映像・・・あなたは何を?

印刷
気分は近未来
気分は近未来

   石川光学造形研究所は、水晶球をかたどった透明球の中に映像を表示する装置「水晶球ディスプレイ」の小型化を実現し、卓上で使える新製品として2010年1月に発売する。

   DVDプレーヤーなど、映像機器の出力に本機をつなぐだけで、透明球の中に映像を浮かび上がらせるというもの。球体に映った映像は、従来の四角いモニター画面で見るものとは異なった新鮮な印象を与える。

   標準は直径220㎜、高さ230㎜の小型サイズだが、2倍サイズまでの大型特注品もあるそうだ。光源にLEDを採用したため、長寿命で、低消費電力。

   価格は26万2500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中