2018年 7月 23日 (月)

富士重「エクシーガ」に2.5L水平対向4気筒追加

印刷
写真は「2.5i-Sアルカンターラセレクション」
写真は「2.5i-Sアルカンターラセレクション」

   富士重工業は、「エクシーガ」シリーズに「2.5i-S」と「2.5i-Sアルカンターラセレクション」を追加し、2009年12月24日に売り出した。

   最高出力125kW(170ps)の2.5L水平対向4気筒エンジンを搭載するグレードの追加となり、CVT変速機と組み合わせたことでゆとりある走りと燃費のよさを実現した。外装では、専用ボディーカラー「ギャラクシィブルー・シリカ」やパドルシフト、専用17インチアルミホイールなどを採用し、装備も充実させた。「アルカンターラセレクション」は、アルカンターラとレザーを組み合わせた専用シート表皮を装備し、さらに上質な内装としている。

   価格は260万4000円~267万7500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中