ボルボの電気自動車、2011年実用化を目指す

印刷
ボルボらしさのあるデザイン
ボルボらしさのあるデザイン

   ボルボ・カー・コーポレーションは、2010年1月に開催される「デトロイトモーターショー」に、電気自動車「ボルボC30」を出品すると発表した。

   2011年の実用化を目指し、充電1回当たり150kmという航続距離を誇る。同車の最高時速は130km/h。フル4シーターのレイアウトを採り、電気モーターはボンネットにバッテリーはプロペラシャフト内と、通常であれば燃料タンクがある場所に設置され、居住性は損なわれていないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中