2018年 6月 18日 (月)

1グレード展開に変更 15万円ダウンのプジョー

印刷
15万円安くなりました
15万円安くなりました

   プジョー・シトロエン・ジャポンは、「207SW」のマイナーチェンジを行い、2010年1月14日に売り出す。

   外装ではフロント周りのデザインを改め、足回りでは新デザインのアロイホイールを採用した。装備も拡充させ、リモコンキーでドアを施錠するときウインドガラスを自動的に閉じる「オートクローズ機能」やクルーズコントロール、照明付きバニティミラーなどを与え快適性も高めている。

   ラインアップも見直され、1.6Lエンジンに4ATを組み合わせた「Premium」のみの1グレード展開とし、価格は現行モデルより15万円安い254万円とした。なお、内装にレザー仕様を選択した場合、価格は275万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中