「Sweets男子」が想う「バレンタインスイーツ」って?  東武池袋店のナイス企画

印刷
エコール・クリオロ「キャラメル・ショック」
エコール・クリオロ「キャラメル・ショック」

   東武百貨店 池袋店の10階催事場では、2010年2月9日から14日まで、スイーツ好きの若手社員によって構成される「東武Sweets男子委員会」がプロデュースした「オリジナルバレンタインスイーツ」を発売する。「味」「見た目」「香り」のすべてを重視した「Sweets男子委員会」メンバーの想いとパティシエの熟練した技がコラボしてできたオリジナルスイーツだ。 

   エコール・クリオロの「キャラメル・ショック」は、スフレタイプのチョコレートの生地にしっかり煮込んだ濃厚キャラメルをサンド。1本約21cm、価格は2100円で、限定200本。 メンバーの1人、入社5年目の矢崎健太郎さんは、「世界が認めるシェフが手掛けたチョコレートケーキを食べたいと考え、キャラメル風味のチョコレートケーキをつくりました」と話している。

東武Sweets男子委員会の面々
東武Sweets男子委員会の面々

   また、入社3年目の大橋雅昭さんが推せんするバー・ドゥ・ショコラの「レ・マカロン・ドゥ」(12個入り、1575円)は、オリジナルマカロンと人気の「南仏のマカロン」をセットにした一品。限定300点。同商品は、1月14日から20日まで、地下1階特設会場でひと足先に発売される。

   他には、入社2年目の伊藤文彦さんが薦める、テオブロマの「シャンパントリュフ」(5個入り、1680円)と、入社1年目の角田翔さん推せんのセントショコラズバー「日本酒ボンボン」(5粒入り、2100円)がある。

   前者は、限定500点。2月1~14日に1階テオブロマ、2月9~14日に10階催事場で、また、後者は1月21日~27日に地下1階特設会場、2月9~14日に10階催事場でそれぞれ販売される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中