「成人用紙おむつ」年間使用量17億枚 市場規模は550億円

印刷

   販売促進研究所(東京・千代田区)は2009年12月25日、日本全国の老人介護施設で使用されている「成人用紙おむつ」の製品別・施設タイプ(特養・老健)別・エリア別・月別に詳細な動向を統計データとして拡大推計し、その介護施設パネルインデックス(KPI)のデータを公表した。これは、同研究所が08年9月~09年9月の期間に、全国の老人介護施設(特養・老健・長期療養型医療施設)における「成人用紙おむつ」の使用量を調べたもの。

   同調査によると、日本全国の介護保険適用の老人介護施設全体では最新1年間で17億1800万枚の成人用紙おむつが使用されており、仕入れ金額に基づく市場規模は550億1100万円と推定される。また、使用数量の製品タイプ別構成は、パンツタイプが7%、テープタイプが9%、パッド小(55cm未満):45%、パッド大(55cm以上)38%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中