天然60cm「黄金ヒラメ」捕獲  和歌山・串本町に起きた奇跡

印刷
捕獲した漁師さんは「宝くじが当たってほしい」と話しているとか
捕獲した漁師さんは「宝くじが当たってほしい」と話しているとか

   和歌山・串本町で2010年1月6日、黄金のヒラメが水揚げされて話題になっている。串本海中公園によると、このヒラメは同町田原の定置網で捕獲されたそうで、体長約60センチ、重さは約2キロ。黄金色になったのは、黒い色素がない「色素異常」が原因とみられる。通常のヒラメは体長80センチが最大クラスなので、60センチだとかなり大きいほう。

   これまでも、黄金色のヒラメが水揚げされたケースは数件あるが、天然物で、なおかつ大きく育つのは珍しいという。

   黄金ヒラメを一般公開している串本海中公園の担当者は、

   「長生きするようなら名前を公募してもいいのでは」

   と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中