2018年 7月 23日 (月)

子機の画面が大きく使いやすい電話機

印刷
子機の画面を大きくして視認性を高めた
子機の画面を大きくして視認性を高めた

   シャープは、大きな画面で子機の使いやすさにこだわったデジタルコードレス電話機「JD-320CL」(子機1台タイプ)と「JD-320CW」(同2台タイプ)を、2010年2月12日に発売する。

   子機は丸みをもたせてスリムで持ちやすいデザインで、画面のサイズを従来の子機よりも約1.4倍に大きくした。簡単に発信できる3件の「ワンタッチダイヤル」や、最大100件まで登録可能な電話帳を採用するなど、機能も充実した。

   また、親機には、あらかじめ相手先の名前を声で登録すると、発信時に文字と声で相手先を確認できる「お名前ワンタッチダイヤル」(3件)や、通話中に相手の声の大きさを聞き取りやすく調節できる機能を採用した。チャイムとメッセージの2種類の「お断り」方法で、迷惑電話を拒否する「セキュリティ機能」も搭載した。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中