2018年 7月 18日 (水)

バレンタイン彩る「チョコの宝石箱」

印刷
食べるのがもったいない
食べるのがもったいない

   京王プラザホテルは2010年2月1日から、ホテル内のレストラン3店舗で、特別ディナーを提供する。

   フランス料理<アンブローシア>(44階)では、「少しばかりの恋」をテーマにしたディナーコース「ル・フェート・ドゥ・サン ヴァランタン」を提供する。バレンタインにふさわしく赤と白で織り成す特製デザートがフィナーレを飾る、ロマンチックなコースとなっている。料金は8400円(別途サービス料)で、2月14日までの提供。

   一方イタリアンレストラン<フォルトゥーナ>(2階)は、定番であるハート型の生パスタをはじめ、専属のパティシエによるハートをかたどった特製ドルチェなどを提供し、バレンタイン気分を盛り上げる。ディナーコース「ラ・ボエーム」の料金は6300円(別途サービス料)で、3月14日までの提供。

   そして、スカイバー<ポールスター>(45階)では、都庁をはじめ、目下に広がる街並みの夜景とバーテンダーによるカクテル、そしてカクテルを引き立てる料理のコースを提供する。「バレンタインカクテルディナー」の料金は、2人で1万2000円(税・サービス料込)で、2月28日までの提供。

   問合せ・予約は、03-3344-0111まで。

   なお、2月1日には、2階フードブティック<ポピンズ>において、ハート型の宝石箱に入ったボンボンショコラを発売する。ホテルオリジナルボンボンショコラを宝石に見立て、ショコラティエがひとつひとつつややかに仕上げたハートの宝石箱に詰め込んだ。限定20個の販売で、3800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中