「SKE48」も応援! 「美し国おこし・三重」がマスコットキャラを募集中

印刷
「美し国」のマスコットキャラは果たして・・・
「美し国」のマスコットキャラは果たして・・・

   三重県が行っている地域づくり事業「美(うま)し国おこし・三重」の実行委員会は2010年1月12日から、マスコットキャラクターの一般公募を開始した。

   世界遺産である熊野古道や、伊勢神宮、松坂牛など、多くの観光資源を持つ三重県。「美し国おこし・三重」では、各地で行う「交流会」を基本に、県民主導の自発的な地域づくりの取り組みを支援。その魅力を向上させ、多彩な催しを行うことで集客交流の拡大を図り、持続可能な地域づくりを行うという。さらに、地域密着型のアイドルグループ「SKE48」から三重県出身の4人が「SKE48 team三重」を結成し、CMや広告を通じて応援する。

   マスコットキャラクターはそんな「美し国おこし・三重」の取り組みを多くの人に知ってもらうために募集される。デザイン上の制約はなく、新鮮で独創的、かつ2014年まで続く同事業のシンボルとして長く親しまれるキャラクターを求めるという。最優秀作品には賞金20万円。選出作品は、プロが一部補正を加えるため、子どもから高齢者まで、国内に居住していれば誰でも応募が可能だ。

   募集期間は2010年2月25日までで、郵送かeメールで受け付ける。詳細はウェブサイト(http://www.pref.mie.jp/UMASHI/HP/)で確認できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中