専用パーツで迫力増 「インプレッサ」コンプリートカー

印刷
迫力ある外見
迫力ある外見

   富士重工業のモータースポーツ専門会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、「スバルインプレッサ」ベースのコンプリートカー「R205」を、2010年1月7日に売り出した。

   「インプレッサWRX STI」をベースに、足回りではSTI製ダンパー、スプリング、フレキシブルタワーバーなどを装着し、操舵性能だけでなく乗り心地も向上させている。エンジンにも手を加えており、専用のボールベアリングターボや低背圧スポーツマフラーを採用するなどして、最高出力を235kW(320馬力)、最大トルクを431N・m(44kg・m)まで高めている。

   外装はフロントアンダースポイラー、新開発のリヤアンダースポイラーなどに加え専用フロントグリルや18インチ鋳造アルミホイールを与えるなどして、迫力あるものとしている。 限定400台の販売で、価格は473万5500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中