2018年 7月 17日 (火)

黒にこだわった ヤマハのオートバイ

印刷
黒で決めよう
黒で決めよう

   ヤマハ発動機は、オートバイ「trickerXG250」のカラーリングを変更し、2010年1月15日に売り出した。

   従来から用意されている「ビビッドオレンジメタリック2」に加え、フレーム、フロントフォークなどをつや消し黒に、タンクカバーを艶あり黒に塗装した「マットブラック2」を新たに採用している。

   価格は45万7800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中