クーペのようなハッチバック アウディに登場

印刷
ハッチバックには見えない
ハッチバックには見えない

   アウディ ジャパンは、「アウディA5スポーツバック」を、2010年1月13日に売り出した。

   ハッチバックを与えられた4ドア新型車で、クーペの流れるようなスタイリングと、ステーションワゴンの使い勝手のよさを合わせ持つ。エンジンは最大出力155kW(211ps)の2L直4ターボエンジンを搭載し、デュアルクラッチ式変速機「7速Sトロニック」を介して4輪を駆動する。また、制動・減速時に運動エネルギーを電気エネルギーに変換しバッテリーに蓄え、発電機の動作を抑えるエネルギー回生システムも採用し燃費を向上させた。荷室は通常時480L、最大980Lの容量を誇り、実用性も十分だ。

   発売を記念し、限定車「アウディA5スポーツバック エクスクルーシブ リミテッド」も同時に用意された。こちらはボディカラーに「スズカグレーメタリック」の特別色を採用し、バング&オルフセンサウンドシステムなどを装備したもので20台限定。

   価格は575万円、限定車は751万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中