橋下知事の折り紙付き! 発酵食品「舞昆」に明太子が仲間入り

印刷
「明太子舞昆」、橋下知事も食べているかな?
「明太子舞昆」、橋下知事も食べているかな?

   こうはら本店養宜(ようぎ)館(大阪市)は2009年11月上旬から、塩昆布風発酵食品「舞昆」の1つとして明太子も佃煮のようにたべられる「明太子舞昆」を発売している。

   同社では、大阪府から研究開発予算の助成を受け、大阪府立大学との共同研究によって試行錯誤を重ね、塩昆布風発酵食品「舞昆(まいこん)」を開発。昨今の「おうちごはん」傾向もあり、09年は前年比で2億円以上売り上げを伸ばしたという。1994年に農林水産大臣賞を受賞、2009年3月には大阪府の橋下知事賞を受賞しているのも、高い支持を受けている証明だろう。

   今回の新商品は、大阪で熟成された北海道・道南産の昆布を甘辛く煮込み、福岡産の明太子に秘伝のタレを加えて炊き込んだものだ。発酵原料には昆布のほか、桑の葉や菊いも、玄米などを用いており、その発酵原料には発芽玄米でおなじみのギャバやアスタキサンチン、ビタミンPほか、多くの健康成分が入っていることでも注目されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中