消費電力35%削減の冷凍冷蔵庫

印刷
野菜室も大きく使いやすいうえ、省エネ性能アップ
野菜室も大きく使いやすいうえ、省エネ性能アップ

   東芝ホームアプライアンスは、省エネ性能を高めた冷凍冷蔵庫の新製品として、年間消費電力量を従来機種(GR-B41G)に比べて約35%削減した3機種を、2010年2月1日から順次発売する。

   新機種「GR-C43G」と「GR-C42N」は片開き5ドア、「GR-C43F」は両開き6ドア。新製品は、冷蔵(冷蔵室と野菜室)と冷凍(冷凍室と製氷室)の2つの温度帯を、2つの冷却器で最適に冷却する独自の「i‐ツイン冷却」の特長を生かし、断熱のための仕切りとヒーターを1か所にまとめた「2ゾーンレイアウト」を採用することで、冷蔵庫全体の省エネ性能と容積効率が向上した。

   3機種とも60センチ幅のスリムタイプ。重い野菜の出し入れがしやすい真ん中配置の野菜室(定格内容積100リットル)は、国内の家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫401~450リットルクラスで最大容量。さらに、「GR-C43G」と「GR-C43F」は「ピコイオン除菌 ウイルスハンター」機能を搭載。冷気だけでなく、庫内壁面、ケースの付着菌、野菜自体まで除菌するほか、ウイルス抑制や脱臭、エチレンガス分解、野菜の栄養素アップにまで効果がある。いずれも、オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中