「水死」 大江健三郎氏が2年ぶりの小説

印刷
大江健三郎「水死」
大江健三郎「水死」

   2009年12月17日に発売された作家・大江健三郎さんの2年ぶりとなる小説「水死」(講談社)が話題になっている。

   「晩年の仕事の中でも最終の小説」ともいわれるこの長編作品で大江さんは、自身を投影した作家・長江古義人を通じて、「父」の死の真相と自らの「暗部」に迫っている。

   主な舞台となる「四国の森の中の村」も大江さんのファンにはなじみ深いが、「父、水死」の背景にある昭和前半のニッポン人精神をあぶりだしていく迫力は筆舌に尽くしがたい。

   壮絶なクライマックスでは誰もが胸を打つ。

   定価2100円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中