2018年 7月 21日 (土)

「水死」 大江健三郎氏が2年ぶりの小説

印刷
大江健三郎「水死」
大江健三郎「水死」

   2009年12月17日に発売された作家・大江健三郎さんの2年ぶりとなる小説「水死」(講談社)が話題になっている。

   「晩年の仕事の中でも最終の小説」ともいわれるこの長編作品で大江さんは、自身を投影した作家・長江古義人を通じて、「父」の死の真相と自らの「暗部」に迫っている。

   主な舞台となる「四国の森の中の村」も大江さんのファンにはなじみ深いが、「父、水死」の背景にある昭和前半のニッポン人精神をあぶりだしていく迫力は筆舌に尽くしがたい。

   壮絶なクライマックスでは誰もが胸を打つ。

   定価2100円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中