「ペプシネックス」がリニューアル 炭酸抜けない「ハイブリッドボトル」に

印刷
スタイリッシュに生まれ変わった「ペプシネックス」
スタイリッシュに生まれ変わった「ペプシネックス」

   サントリー食品は、「ペプシネックス(PEPSI NEX)」の中味とパッケージをリニューアルし、2010年3月2日から全国発売すると発表した。

   「ペプシネックス」は、モデルの山田優さんや俳優の松山ケンイチさんを起用したテレビCMでもおなじみで、ゼロカロリーコーラでも飲みごたえのある味わいやすっきりした後味で支持を得ている。

   今回のリニューアルでは保存料を使わず、より爽快(そうかい)感のある味を実現。さらにパッケージも「PEPSI」のロゴマークを一新し、シルバーと黒のグラデーションを基調にした洗練されたデザインに生まれ変わっている。

   また、500mLペットボトルには、同社と包材メーカーが共同で開発した「ハイブリッドボトル」を使用。多層構造で炭酸ガスが抜けにくく、より刺激的な味が楽しめるようになったことに加え、31gから24gへと7gの軽量化が図れたことでCO2排出量の約20%削減につながるのだという。

   希望小売価格は500mLペットボトルが140円。ほか、350mL缶・300mLボトル缶は115円。1.5Lペットボトルは320円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中