未婚女性の8割は「兼業志向」 取得したい資格は…

印刷

   女性の資格研究会は2010年1月19日、500人の働く未婚女性を対象にした「キャリアと資格」に関する意識調査の結果を発表した。

   「将来、結婚しても仕事を続けたいと思いますか」という質問に対し、「そう思う」(49.8%)「どちらかというと思う」(29.6%)を合わせると、79.6%の人が「続けたい」と回答。同様に出産後についても、71.8%が「続けたい」としており、専業主婦ではなく、仕事と家庭を両立したいという女性が多かった。

   その理由については金銭的な理由のほか、「社会と繋がっていたい」「人の役に立ちたい」などの声もあったという。

   また、結婚・出産後を見据え、「資格を取得したいと思いますか」との問いには58.6%が「取りたい」と回答。取得したい資格としては、「簿記2級」、「マイクロソフト認定資格」という、どちらかといえば一般的な資格がそれぞれ1、2位になったが、3位の「医療事務」はやや専門的な資格といえるかもしれない。

   医療事務資格の取得を目指す人からは、「時間の融通がききそう」「どこに住んでいても役立つ」と、自分の生活に合わせ長く働けるといった声が多く、「常に募集を見かける」「時給が高い」など需要・賃金面でも魅力を感じている人が多いようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中