東京駅にエブリーモーニング、食べても飽きない「鯛焼き」登場!

印刷
本店には行列ができるという
本店には行列ができるという

   東京駅八重洲地下中央口エリアの商業施設「キラピカ通り」に、「銀座たい焼き 櫻家」が2010年2月1日にオープンする。

   北海道帯広産小豆の最高品種「しゅまり」を使用した「厚焼き鯛焼き」(190円)は、甘さが控えめで皮というよりワッフルのような食感が特長。鉄板の上に立たせて焼くという珍しいスタイルで見ても楽しめる。

   東京駅限定のメニューとして、平日朝7時から10時までの朝食タイムに「鯛焼きリゾット」(230円)を販売する。ホワイトソース味・トマトソース味・カレーソース味・デミグラスソース味の4種類で、それぞれのリゾットを鯛焼きの生地に閉じ込めた。お得なセットメニューとして、「鯛焼きリゾット+サラダ+ドリンク」(420円)も。

   約12席のイートインスペースも併設されており、できたてを店内でゆっくり味わうこともできる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中