2018年 7月 18日 (水)

SNSとの連携充実 グーグルOS搭載したスマートフォン登場

印刷
グーグル社製のOS搭載
グーグル社製のOS搭載

   NTTドコモは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ社製スマートフォン「Xperia」の販売を、2010年4月に開始する。

   OSにはグーグルの「Android1.6」を採用し、ボディーサイズは高さ×幅×厚さが119×63×13.1(単位はmm)で操作はタッチパネル式。使用履歴を一元表示し、よく使う機能にすばやくアクセスできる機能や、YouTubeの高画質モードに対応した動画機能などを搭載し利便性を高めている。特に、SNSとの連携が充実しており、TwitterやFacebookのアカウントと連携できる電話帳を搭載し、電話帳の上でTwitterやFacebookへの投稿メッセージが表示できる優れもの。また、カメラに顔認識エンジンを採用したことで、アドレス帳の顔写真と連動し撮影した写真の顔に名前を表示するというギミックも使える。

   価格は2年契約で3万円台後半、2年契約としない場合6万円台後半を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中