2018年 7月 22日 (日)

イオン、大衆薬をほぼ全店で販売へ 15年度めど

印刷

   イオンは、2015年度に向けて直営スーパーのほぼ全店で大衆薬(一般用医薬品)を販売する。

   食品スーパー「マックスバリュ」は08年度末で約700店舗あるが、これを15年度までに1000店舗前後に増やし、現在1割程度の大衆薬取り扱い店舗を全店に増やす計画だ。1店舗3人前後の「登録販売者」で運営するといい、約3000人の有資格者を養成するため、社員やパートタイマーの資格取得を支援する。また、「ジャスコ」や「サティ」などの総合スーパー(約430店)ではすでに約8割の店舗が大衆薬を取り扱っており、PB(専売)商品とともに、販売をさらに強化していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中