イオン、大衆薬をほぼ全店で販売へ 15年度めど

印刷

   イオンは、2015年度に向けて直営スーパーのほぼ全店で大衆薬(一般用医薬品)を販売する。

   食品スーパー「マックスバリュ」は08年度末で約700店舗あるが、これを15年度までに1000店舗前後に増やし、現在1割程度の大衆薬取り扱い店舗を全店に増やす計画だ。1店舗3人前後の「登録販売者」で運営するといい、約3000人の有資格者を養成するため、社員やパートタイマーの資格取得を支援する。また、「ジャスコ」や「サティ」などの総合スーパー(約430店)ではすでに約8割の店舗が大衆薬を取り扱っており、PB(専売)商品とともに、販売をさらに強化していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中