自動節電機能搭載の液晶テレビ

印刷
画像は「X2シリーズ(32型)」
画像は「X2シリーズ(32型)」

   パナソニックは、薄型テレビ「新・ビエラ」の新製品として、液晶テレビ「X2」と「C2」の2シリーズを2010年2月5日から順次発売する。

   両シリーズとも部屋の明るさにあわせて画面表示を自動調整して節電するなどの省エネに配慮した機能を組み込んだ。画質面では、液晶パネルの弱点だった視野角を広げた「新IPSパネル」を採用。斜めから視聴する場合でも、画面正面から見た表示に近づけた。

   「X2シリーズ」では、液晶画面のバックライトに発光効率が高いLED(発光ダイオード)を搭載。同社の従来製品に比べ、年間の消費電力量を40%低減させたという。画面サイズは26型と32型の2種で、黒と白の2色を用意した。地上波と衛星放送の視聴に対応する。想定価格は9万円~10万円前後。

   普及モデルと位置づける「C2シリーズ」は、地上波放送のみに対応する19型、22型の2機種と、衛生放送も視聴できる32型の合わせて3機種を用意した。色は19型と22型が黒やシルバーなど3色で、32型は黒のみ。想定価格は6万円~9万円前後。

   全機種とも「エコポイント制度」の対象商品となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中