キャバ嬢も酔う「テキーラボール」 歌舞伎町発で全国発売

印刷

   新宿・歌舞伎町発のアルコール入りスイーツ「テキーラボール」がじわじわと人気を広げている。一見、デザートのようだが、口にするとホロ酔い気分に。そんな異色さが受けているようだ。

   テキーラボールは、蒸留酒テキーラを含むゼリー菓子。08年に同地のバー「NASUKA」で扱い始めたところ口コミで評判を呼んだ。そこで、商標登録をすませ09年11月から全国発売。なんと09年末までに約30万個を売り上げたという。

   味はカシス、ブルーベリー、イチゴ、ヨーグルト、オレンジの5種類で、見た目は普通のフルーツゼリーと変わらないほどカラフルで鮮やかなのだが、1つにつきショットグラスのテキーラ約1/3が入っており、アルコール分は20%程度と、意外と強めだ。

「age嬢」が火付け役

イメージキャラクターの桃華絵里さん
イメージキャラクターの桃華絵里さん

   「もともと女性を酔わせたい男性のために、スタイリッシュで女性に受けるものを、ということで開発したんです」とは、テキーラボール販売担当者の弁。

   シャンパンやワインではちょっと高価だし、かといってスピリッツをショットでというのも…という悩める(?)男性に打ってつけの商品として生み出されたそうだが、思惑とは違い、火付け役は女性たちだった。

   ギャル系ファッション誌「小悪魔ageha」や「egg」の読者モデルたちがテキーラボールを気に入り、ブログで紹介した。これが関東近県や北海道ススキノといった地方のキャバクラ嬢やギャルたちに広まり、噂を聞きつけたバー、キャバクラなどからの注文が殺到したそうだ。

乾杯カクテルや「罰ゲーム」にも…

5種類の「テキーラボール」
5種類の「テキーラボール」

   密封されたポーションタイプで、合成着色料・合成保存料も不使用。そのまま食べるほかにも、ミルクやトニックウオーターなどを加えてカクテル風にしたり、カシスとオレンジなどショットグラスに複数個入れて同時に食べたりと、さまざまな楽しみ方ができる。

   最近は、流行に敏感な企業の忘年会や、結婚式2次会での乾杯カクテルとして使われることも増えたほか、罰ゲームなどでの需要もあるようだが、ともあれ、クラブ、カラオケと取り扱い店舗も広がっているらしい。

   インターネットでも5個1050円(税込)から販売中。今後は男性に好まれそうな「ドライ」なテキーラボールや、タレントの桃華絵里さんプロデュースのフレーバーなど、バリエーションを広げていく計画とのことだ。

愛川もものキャバクラで月収500万円稼ぐ方法 [DVD]
愛川もものキャバクラで月収500万円稼ぐ方法 [DVD]
  • 発売元: GP�~���[�W�A��
  • 価格: ¥ 2,646 (10% OFF)
  • 発売日: 2009/06/25
  • おすすめ度 3.0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中