小形電球に代替えできるLED電球 

印刷
LED電球が小形化されて、さらに用途が広がる
LED電球が小形化されて、さらに用途が広がる

   東芝ライテックは、「E-CORE(イー・コア)」LED電球シリーズに、E17口金小形電球に代替えできる大きさ・形状で業界トップクラスの省エネ性を実現した「ミニクリプトン形3.4W」2機種をラインアップし、2010年2月5日に発売する。

   E17口金の小形電球は、ダウンライトをはじめブラケットやスタンド、シーリングなど、施設や店舗から住宅照明にわたり幅広い用途で使用されている。LEDの効率アップと点灯用の電源回路の小形化によって、E17口金の小形電球で普及している大きさ(外径43ミリ、全長72ミリ)と形状に近いサイズを実現。今まで小形電球(PS形)を使っていた、さまざまな電球器具で使えるようになった。

   消費電力は3.4ワットで、2万時間の長寿命。一般電球と比べて、1灯あたり電気代を約8184円節約でき、二酸化炭素の排出量を約145キログラム削減する。

   コンパクトさと明るさを両立し、また密閉器具に対応可能としたことで、省エネ性の高いLED電球の用途がさらに広がった。

   希望小売価格は、「LDA3L-E17(電球色相当)」、「LDA3N-E17(昼白色相当)」ともに4830円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中