新しいG-SHOCKは「パイロット仕様」 タフネスな「SKY COCKPIT」

印刷
左からGW-3000BD-1AJF、GW-3000D-1AJF、GW-3000B-1AJF
左からGW-3000BD-1AJF、GW-3000D-1AJF、GW-3000B-1AJF

   カシオ計算機は、耐衝撃性能に優れた腕時計ブランド「G-SHOCK」から、耐遠心重力性能に特化したパイロット仕様の「SKY COCKPIT(スカイ・コックピット)」を2010年2月に発売する。

   近年人気を高めている、プロペラ飛行機を操りタイムを競う「エアレース」。最高時速は370kmで、パイロットにかかるGも、旋回時に最大で12Gという強い遠心重力がかかる。そうした過酷な状況下でも計時を可能にした強靭(きょうじん)なモデルが「SKY COCKPIT」だ。

   重量バランスを最適化した針形状によって、飛行中でも安定した高速回転が可能になった。さらに、針位置自動修正機能などをもつカシオ独自の「タフムーブメント」を搭載。光を駆動力に変えるソーラー充電システムも併せ持ち、高い実用性とタフネスさを兼ね備えているといえるだろう。

   大口径の文字盤はブラックをベースにしたシンプルな配色。大型インデックスや立体時字を採用した、航空機の計器をイメージしたデザインが精悍(せいかん)だ。3種類あり、定価はGW-3000BD-1AJFが4万9350円。GW-3000D-1AJFが4万4100円。GW-3000B-1AJFが3万5700円(いずれも税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中