子より親の母性本能そそる? 人気のZhu Zhu Hamster

印刷

   前回コラムでとりあげたNBCのトークショーホスト。「The Tonight Show」の元ホストのジェイ・レノがバンクーバー・オリンピック後に戻ることは決定。現ポスト、厳密にいうとすでに番組を終了したので前ホストのコナン・オブライエンは「The Tonight Show」終了後の新トークショーのホストを断り、NBCを去るという決断をくだしました。

あなどれない、動くハムスター

ペット感覚?
ペット感覚?

   以前は毎晩熱心に、プロモーションをかねて登場する芸能人目当てで深夜トークショーを見ていましたが最近は全くもって見ない。情報はインターネットからとればいい。そんなご時世の中、ジェイ・レノ復帰効果がどうでるか興味津々です。

   さて最近、いまさらなのですが、2009年のクリスマスギフトの人気商品となっていた「Zhu Zhu Hamster」を買ってしまいました。子供ためにこれを手に入れたい親たちが、お店に並んだそう。

   一言でいってしまうと、動くハムスターのおもちゃ、なのですが、これがなかなかあなどれない。

   発端は年上の友だちがハムスターを買いはじめたのをみて、4歳半の娘が「ハムスター買いたい!」といいはじめたことです。でもペットショップにいってみると、「9歳以上が買うことが好ましい」などと注意書きがしてある。ハムスターがとても繊細な動物であるためだそうです。

ハムスター本体は9.99ドル

一見普通のおもちゃなのですが・・・・


一見普通のおもちゃなのですが・・・・ こんなにいろいろあるのです。
こんなにいろいろあるのです。

   そんなとき、友だちのお誕生日プレゼントを買いにたまたま立ち寄った大型スーパーにて「Zhu Zhu Hamster」のコーナーを発見。人気のため、ハムスター本体は売り切れで、棚は空っぽ。「人気商品のため一人2つまで」という札がさがっていました。残っているのはトンネルなどのアクセサリーのみ。別の店舗でやっと手に入りましたが、在庫は残りわずか。

   スイッチをいれればチューチューいいながらあちこち動き回るハムスター自身のかわいさに魅せられ、親子で大騒ぎ。また別売りの洋服を着せれば着せ替え人形遊びもできる。これまた別売りされている車やトンネルなどのハムスターの遊び道具を組み合わせて使えばより楽しい。なんと持ち運び用のミニバックや毛布も売っています。まるでペットと同じ。

   ちなみにハムスター本体は全部で9種類あってそれぞれに名前まであるのです。

   気になるお値段は店によって違いはあるようですが、わが家の購入価格はハムスター本体が9.99ドル、着せ替え洋服が6.99ドル、アクセサリーの車とガレージのセットは17.99ドルでした(いずれも税別)。

   数年前のクリスマスにギフトとして人気を博し、これまた店頭からきえ、E Bayで高値がついた「Tickle Me Elmo」の店頭販売価格が30ドルぐらいからだったのからみると、ハムスターだけで10ドル以下というのはこの不景気時、かなりお得感があります。

   かわいいし、えさやりなどのペットに必要なわずらわしさもなく、お値段がお手頃な「Zhu Zhu Hamster」。これであれば、普通のおもちゃよりも子供に悪影響を与えないだろうと思って、子に買い与えたのですが、親である私の方が母性本能をくすぐられて夢中になってしまっているような。そして「他のアクササリーも揃えたいな」と思ってしまうのは販売者の思うつぼ? たまごっちがあんなに大流行したときは、はまらなかったのに、癒されてしまうとは疲れている証拠でもあるのでしょうか?

   このおもちゃのハムスターの影響で、本物のハムスターも人気がでそうです。

野村香奈

【プロフィル】
野村 香奈(のむら かな)
1970年鹿児島生まれ。上智大学卒業。「AERA」「週刊朝日」で主にエンターテインメントの編集を担当した後、2000年8月に結婚により渡米。ロサンゼルスの日系無料情報誌でライターも経験。趣味はドライブ、おいしいものを食べること、情報収集、そして、MLB(メジャーリーグ)観戦。LA TimesとPeopleを愛読。現在、ロサンゼルス近郊のニューポートビーチ市(Newport Beach)在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中