ギャル界も「テレビ離れ」加速 ブログのほうが面白いじゃん

印刷

   視聴率の低迷や広告収入の減少により、昨今、活気を失いつつあると言われるテレビ業界。

   ギャル界においても同様で、以前は挨拶代わりだった

「昨日のテレビ見た~??」
「あの番組観るの忘れた~!!」
「あのドラマって次回どうなるんだろう!?」

といった会話がここ最近めっきり減ってきたように感じています。

「ドラマとかは中学の時に見てたけど、高校に入ってからドラマを毎週見るのはキツイかなぁ…バイトとか遊びでそんな時間ないしね!自然と見なくなったって感じ」
「テレビでニュースとか見なくてもケータイサイトで充分だもん!知りたいコトはケータイで探すしね♪」
「新曲もほとんど着うたサイトのランキングとかで探すし、観たい番組もYouTubeでチェックするからテレビとかあんま見ないんだよね!」
「テレビって毎回ちゃんと見ていないとわかんなくなるでしょ?それってウチらにとってはマジ苦痛なんだ。観たいときに観たいんだよね~」

   こんな意見を多く聞く事ができました。

ブログ作成には時間がかかる

ケータイでブログをアップ~っと!
ケータイでブログをアップ~っと!

   家に帰ると、ケータイを片手に音楽を聴きながらYouTubeで好きな番組を自分のタイミングで観る。これがギャルのテレビを観る時のスタイルです。

   ギャルは元々ケータイを駆使していましたが、一番の利用はコミュニケーションと情報獲得。

   最近ではブログ文化が定着したことによりケータイを通じた情報獲得更に拍車が掛かりました。

   一般の方もそうだと思うのですが、ギャルにとって特にブログは、ただの日記ではなく情報発信、そして、情報収集する場となっているんですよね。

   テレビニュース、新聞、雑誌、様々な情報獲得のメディアはありますが、ギャルにとってのそれは、ブログ、クチコミ、ファッション誌なのです。

   加えて、彼女たちのライフスタイルの中に「ブログをUPする」という行為がプラスされた事が、意外とテレビ離れを後押ししていると思われます。

   自身でブログをしている方はお分かり頂けるかもしれませんが、ブログ作成には意外と時間がかかるんです!

   絵文字や画像のレイアウトを考えたり、こだわりの多いギャルは1つの記事に平気で2時間・3時間割いてしまうこともしょっちゅう!

   また、外で書くと集中出来ないからと家でゆっくりブログを書くという子も多く、さらにコメント返しなどは、一度ノートにまとめて返信していくこともあるようです!

   家にいる時間は大切なブログ作成タイムになりつつあり、自然とテレビを見る時間が減っていったのでしょう。

   また、こんな意見もありました。

「信用しやすいのはテレビって感じだよね!ケータイの情報って嘘かホントか分かんないのもぶっちゃけあるからね!笑 でも、サイト情報の方がテレビより確実に早いって感じがするよね」

   ブログは誰でも簡単に情報発信できるが、テレビ番組は決められた人達でしか制作することが出来ないので、その分信頼度が高いようです。

   しかし、最先端の情報(トレンド)を好むギャルはどちらかと言うと、情報の正確さよりも情報のスピードや鮮度を求めています。よって、嘘の可能性もあるかもしれないけれど、まだ他人の知らない情報というのがギャルの好奇心を掻き立て、テレビよりもケータイサイトの情報を得たい!という気持ちに繋がっています。

一番テレビを見るのは朝食時

   まとめると、ギャルのテレビ離れの要因は、

1、ケータイ(特にブログ)の方が情報獲得が早い
2、ケータイ(特にブログ)を使用する時間がテレビの時間を侵食している
3、YouTubeなどで好きなタイミングで番組を見ている

が大半を占めているのではないかと思います。

   ただ、テレビを見る機会が少なくなったギャルでも、実はある時間帯は比較的テレビを見ているという事も分かりました!

   それは「朝」なんです!

   朝食を食べながら時間や天気がチェックできる朝の情報番組は、ギャルにとって一番テレビに触れやすい時間なんです。家でご飯を食べる時間はギャル視聴率が上がる!!と言っても過言ではありません。

   ギャル視聴率を上げるには『家での食事の時間』がポイントになっていくかもしれませんね。

GRP副編集長 アミーゴ

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中