TTのトップモデル、エンジンは直5、変速機は6MT

印刷
搭載される直5エンジン
搭載される直5エンジン

   アウディ ジャパンは、「TT」シリーズに「TT RS クーペ」を追加して2010年2月2日に売り出した。

   「TT」シリーズのトップモデルに位置づけられ、「R8」や「RS6」などのハイパフォーマンスモデルを手がける「quattro GmbH」が開発に携わりエンジンは最高出力250kW(340ps)を発揮する新開発2.5L直5ターボを搭載、0-100km/h加速を4.6秒でこなす俊足だ。変速機は6速MTを採用し、駆動形式はフルタイム4WDとなる。外装には大面積のフロントエアインテーク、固定式リヤスポイラーなどが与えられ、内装にはシートヒーター付きフロントスポーツシートを装備するなど、動力性能以外の部分もスポーティーに仕上がっている。

   価格は835万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中