モスバーガー、中国に「1号店」 台湾160店舗のノウハウ生かす

印刷

   モスフードサービスは2010年2月25日、中国福建省南部のアモイに「モスバーガー 思明南路(スーミンナンルー)店」を開店する。

   アモイ市内の繁華街に位置するショッピングモール「香港時代商城」内の店舗で、メニューは「モスバーガー」、「テリヤキチキンバーガー」など、日本の定番商品が中心。特にアジア各国で人気の高いモスライスバーガーは、「モスライスバーガー焼肉」、「モスライスバーガー海鮮かきあげ」として売り出される。

   モスバーガーは台湾に162店舗(10年1月末現在)を展開するなど、アジア進出をすすめている。今回出店する思明南路店を「中国1号店」と位置づけ、今後は福建省で30店舗程度、さらに他地区への出店も進めていく計画だという。アモイは人口約150万人の港湾都市で、近年、中国の5大経済特別区のひとつとして発展をとげている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中