写真がリアルに喋る喋る! 変幻自在の「CrazyTalk 6」

印刷
「CrazyTalk 6」の操作画面
「CrazyTalk 6」の操作画面

   AHSは2010年2月19日、写真やイラストを簡単にしゃべらせることができるソフトウェア「CrazyTalk 6 PRO」と「CrazyTalk 6 Standard」を発売する。

   写真やイラストなどの静止画データに音声データを合わせることで、まるで生きてしゃべっているかのようなアニメーションを作ることができるソフトウェア。顔の輪郭、目や鼻など各パーツの位置を指定するだけで、最大4人まで同時にしゃべらせることが可能だ。

   上位版の「CrazyTalk 6 PRO」では、表情やタイムラインをより細かく編集できるようになり、ボイスチェンジャー、1080pのフルHD映像出力などの機能を搭載。立体映像出力機能では、同梱の赤青メガネで立体的に見える3D映像を出力できる。

   パッケージ版は「PRO」が1万4800円、「Standard」が7980円。ダウンロード版は「PRO」が9800円、「Standard」が5980円(いずれも税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中