ドコモ「さらに文字が打ちやすい」 QWERTYキー搭載AQUOSケータイ発売へ

印刷
「女性向けにもユーザーの裾野を広げたい」という「SH-03B」
「女性向けにもユーザーの裾野を広げたい」という「SH-03B」

   タッチパネル機能を備えた携帯電話の人気が高まる中、NTTドコモ「PROシリーズ」からも新機種がお目見えする。受信したメールと作成中のメールを同時に見られる「参照返信機能」や手書き入力に対応した、「徹底的に『文字の打ちやすさ』にこだわった機種」だ。また、「PROシリーズ」でありながら、「iモード」「iコンシェル」といった、NTTドコモ独自のサービスに対応していることも強みになっている。

   NTTドコモが2010年春商戦向けに発売を予定している新機種は全20機種。「PRIMEシリーズ」「STYLEシリーズ」など4つあるカテゴリーのうち、ハイエンドユーザー向けの「PROシリーズ」より発売される。その中でも注目を集めそうなのが、「SH-03B」(シャープ製)だ。

   シャープは、これまでにも多くのケータイをリリースしていることで知られ、同機種は、現行の「SH-04A」の後継機種という位置づけ。3.7インチ大画面のタッチパネルとQWERTYキーボード(携帯電話本体のキーボード)の両方を備えているのが特徴だ。

   新機種では、さまざまな面で「文字の打ちやすさ」にこだわった。まず気付くのが、SH-04Aに比べてタッチパネルの画面サイズが3.5インチから3.7インチに大型化。その一方で、厚さは従来よりも0.7ミリ薄型化を図っており、持ちやすくなっている。その分入力が楽になっているのはもちろん、キーボードでは、数字キーを独立させて時刻や日付を打ちやすくしたほか、新たに、手書き入力にも対応した。

   また、女性向けにもアピールしたい考えで、端末の色には「マゼンタ」が加わり、キーボードには絵文字専用のボタンを設けた。約1400種類も登録されている絵文字をカテゴリー別に検索し、素早く入力できる仕組みだ。

   同社の通信システム事業本部 パーソナル通信第1事業部 商品企画部の永井秀幸さんは、

「『デジタルマニア向け』というコンセプトの『PROシリーズ』では、ともすれば男性ユーザーのニーズにとらわれてしまいます。それを女性にも広げたいと思って開発しました。ブログに長文を書き込むような女性には特にぴったり。大変使いやすくなっています」

と胸を張っていた。発売は2月19日。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中