「ゴールデンスリープ」実現に必要なのは吸収力あるおむつ パンパース赤ちゃん研究所が調査結果を発表

印刷
「ゴールデンスリープ」って、知ってました?
「ゴールデンスリープ」って、知ってました?

   日本の赤ちゃんはヨーロッパの赤ちゃんに比べ「夜中にながく熟睡できていない」ことが、パンパース赤ちゃん研究所の調査で分かった。

   この調査の中で、「3~6か月の赤ちゃんの夜中の連続睡眠時間」をみると、7時間以上連続して眠れているという割合は、日本が19%にとどまったのに対し、ヨーロッパは55%と約3倍。パンパースでは「夜中に邪魔されずぐっすり眠ること」を「ゴールデンスリープ」と名付けているが、日本の赤ちゃんがその成長に欠かせない「ゴールデンスリープ」を得るためには、吸収力のよいおむつを使うのが一つの方法なのだという。

   通常、十分な吸収力があるおむつなら夜中に替えることは必ずしも必要はないが、日本ではまだまだ母親が夜中に起きて赤ちゃんに手を掛ける傾向があるようだ。調査では、「3~6か月未満の赤ちゃんの夜中のおむつ替えの有無」で、「有」はヨーロッパの25%に対して、日本は60%と高い数値を示している。

   調査はヨーロッパではドイツ、フランス、イギリスにおいて2008年12月に0~48か月の子どもを持つ母親5万1428人に、また、日本では2009年9月にやはり0~48か月の子どもを持つ母親300人に対し、それぞれインターネットで行われた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中