22人に1人が「外国籍住民」 大阪市「多文化共生」ウェブサイト開設

印刷
ウェブサイト「Imagine...Soul to Soul」
ウェブサイト「Imagine...Soul to Soul」

   大阪市は多文化共生啓発事業として、ウェブサイト「Imagine...Soul to Soul」を2010年2月17日に開設した。

   テーマは「認めあい、ともに活躍する多文化共生社会の実現」。大阪市は09年末現在、外国人登録者数は、129か国、約12万人で、じつに約22人に1人が外国籍住民という状況だ。国籍、民族などの違いを認め合い、ともに自己のもてる能力を発揮し、活躍できる社会づくりが重要、との思いが開設の背景にある。

   同ウェブサイトでは、メッセージソング「NANIWAともあれ」や、多文化共生について著名人からの基調メッセージ、そして外国籍住民へのインタビューなどを発信。音声による情報しか入手できない人びとにも配慮し、音声読み上げ用ページも設けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中