2018年 7月 21日 (土)

東京會舘で食す絶品アンコウ 単品&コース揃ってます!

印刷
見てるだけでヨダレが出そう
見てるだけでヨダレが出そう

   東京會舘(千代田区)では、2010年2月28日まで、本館2階 レストラン「プルニエ」にて、冬の味覚・鮟鱇(アンコウ)がたんのうできる料理を提供する。

   鮟鱇は津軽海峡の風間浦沖で水揚げされたもので、その身は淡白ながら味わい深く、皮と軟骨にはコラーゲンがたっぷり。レストラン「プルニエ」では、「海のフォアグラ」といわれるアン肝をはじめ、フランス料理でありながら皮、軟骨、胃袋まで、余すことなく使用している。

   この鮟鱇が使われているのは、「青森県 風間浦沖 鮟鱇のサフランとトマト煮込み ビスケー湾風」(単品5250円)と「青森県風間浦沖 鮟鱇のコース」(8400円)。 「青森県 風間浦沖 鮟鱇のサフランとトマト煮込み ビスケー湾風」は、野菜とともに5時間煮て鮟鱇の骨から煮出したフォンをソースとして使うなど、じっくり丁寧に仕上げられていて食べごたえがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中