2018年 5月 23日 (水)

ファッション界に衝撃! 日本発「I.T.’S. international 1号店」が原宿に誕生

印刷
ロゴもおしゃれに…
ロゴもおしゃれに…

   流行や価格に左右されず、本当にいいと思える服が選べる新コンセプトのショップ「I.T.’S. international(イッツインターナショナル) 1号店」が2010年2月19日、東京・原宿(渋谷区神宮前)にオープンする。

   同ショップの運営に携わる「I.T.’S. インターナショナル」は、アパレル企画の「フランドル」、糸のプロフェッショナル「帝人ファイバー」と「クラボウ」、ニットを手広く扱う「フェニックス香港」、そして流通のオーソリティー「住金物産」「NI帝人商事」の6社がノウハウと人材を出し合ってできた会社だ。「愛着を持って長く着ることのできる服づくり」をテーマに、上質な高級素材を使用しながらもリーズナブルで、いつまでも着続けられるデザインとクオリティーを保持する商品展開をしていくという。

   近年、アパレル業界ではファストファションといわれる分野が台頭し、消費者のファッションに対する価値が変わりつつあるが、同社ではそうした傾向を「一時的な流行」ととらえ、「衝撃的な着心地」が得られる服を多くの人々に提供していきたいとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中