「動画合成」機能が進化したデジカメ

印刷
画像は光学10倍ズーム対応の「EX-H15」
画像は光学10倍ズーム対応の「EX-H15」

   カシオ計算機は、動画合成機能を備えるコンパクトデジタルカメラ3機種を2010年2月26日から順次発売する。

   処理速度を従来の1.3倍に高めた新開発の画像処理回路「EXILMエンジン5.0」を内蔵。

   動く被写体を切り抜いて別の画像に合成する機能「ダイナミックフォト」で、合成できる背景として静止画に加えて新たに動画に対応した。例えば、空を撮影した動画に動きのある人物を合成するなどして楽しめる。

   逆光や夕日などの撮影シーンや被写体の種類に合わせて撮影モードを自動調整する「プレミアムオート」機能を備え、初心者でもシャッターボタンを押すだけで画質の高い写真を撮影できる。

   売り出すのは普及価格帯の「EX-Z550」と、持ちやすいデザインを採用した「-Z2000」、光学10倍ズーム搭載の高望遠モデル「-H15」の3機種で、各機種シルバーやピンクなど4色~5色を用意した。想定価格は「-Z550」が3万円前後、「-Z2000」が3万7000円前後、「-H15」が4万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中