日本人の年収半減! 武田邦彦氏が暴く鳩山公約「CO2・25%削減」の裏

印刷
一体、何を、誰を信じればいいのか・・・
一体、何を、誰を信じればいいのか・・・

   産経新聞出版は2010年2月5日から、日本の環境問題の対応に疑問を投げかける新刊本「『CO2・25%削減』で日本人の年収は半減する」(武田邦彦著)を販売している。

   著者の武田さんは中部大学総合工学研究所教授で環境問題に詳しく、これまでも「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」(1~3、洋泉社)、「偽善エコロジー「偽善エネルギー」(幻冬舎新書)、「科学者が読み解く環境問題」(シーエムシー出版)などの著書が話題になっている。

   今回の「『CO2・25%削減』――」でも、地球温暖化の根拠とされる数字をねつ造と位置づけ、温暖化利権の行き場所、エコ家電を使ってもCO2は増えるという驚がくの「事実」などを、深い見識に基づいた鋭い視点で伝えている。中でも、最も読者が衝撃を受けるのは、同書のタイトルになった主張だろう。

   ネットにはこの本を読んだ人の感想がこう綴られていた。

「この国は、何処へ行ってしまうんでしょうか?」

   四六判並製/264ページ。

   価格1260円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中