「マリオ&ソニック」 五輪人気で世界出荷600万本突破

印刷

   セガは任天堂と共同開発し2009年11月に発売した、WiiおよびニンテンドーDS向けゲームソフト「マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック」の日本・北米・欧州での累計出荷本数が、両方合わせて600万本を突破したことを10年2月19日に発表した。

   同ゲームソフトは、開催中の冬季オリンピック「バンクーバーオリンピック」が舞台になっており、マリオやソニック、ヨッシーなどのなじみのキャラクターたちが、スキージャンプやモーグル、フィギュアースケートなどの競技に挑戦するというもの。

   価格はWii版が5800円、DS版が4800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中