「シャネルの戦略」 なぜラグジュアリーであり続けられるのか?

印刷
「シャネルの戦略」
「シャネルの戦略」

   東洋経済新報社は2010年1月8日から、人気ブランド「シャネル(CHANEL)」の強さの秘密に迫る新刊本「シャネルの戦略」(長沢伸也・編著、杉本香七・著)を発売している。

   大手メゾンと独立系メゾンが熾烈(しれつ)な戦いを展開している世界のラグジュアリー市場。エルメスやブルガリ、フェラガモなどとともに「独立系」のヘビー級メゾンとして地位を確立しているシャネルには、それなりの理由(わけ)があった。同書では、なぜシャネルがラグジュアリーであり続けられるのかを探るべく、組織形態や人材戦略、技術のサテライト化戦略、顧客戦略などを分析し、その知られざる「経営の真髄」を明らかにしている。

   この本を読んだ人の、次のようなコメントがネットに掲載されている。

「時代が変化しても、その中で生き抜いている価値観を始め、シャネルの素晴らしさが伝わってきました。ラグジュアリーブランドに関する本はたくさんありますが、その中でも、しっかりと学術的に書かれている本だと思います」

   353ページ。

   定価2310円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中